実家の不用品回収について

夫の父が他界した時に2週間ほどで市営住宅の不用品を処分しなくてはなりませんでした。15年前のことです。夫の職場のトラックを借りました。こんな遺品整理を神戸か兵庫の駅で見つけることはそれにピストンで夫の実妹の夫と夫の二人で何回もゴミ処理場迄トラックに積み込んだ不用品を捨てに行きました。その頃は、私の地域もそこまでゴミの分別に厳しくなかったので、テレビや洗濯機なども別のところに捨てに行かなくてもよかったです。また別に料金もかかりませんでした。また、自分の実家の不用品回収を少しずつ進めています。テレビ2台、洗濯機、灯油のストーブや食器棚やたんすなど多く残っています。行ったたびに、捨てられるものを家庭ごみの時に月1回の金属類の時と陶器ガラスの時に使わない皿や食器は捨てました。本も1度はブックオフに来てもらいました。しかし数冊が700円ほどで売れてあとは家の近くのスーパーの前にある1㎏1ポイントのチケットポイントになるところで捨てました。母の着物があるので、叔母に形見分けをしたら、その後妹と相談し、着物買取のところに相談するつもりです。子供が大学を卒業するときに4年住んで、そういう業者に連絡しても全く価値がなかったので後輩に譲ったようです。子供がまだ4年ほどしか使っていなかったテレビや洗濯機はちょうど家のものが調子が悪くなり、送料はかかりましたが、送ってもらい、家の壊れた洗濯機は、郵便局でお金を払って、家の大きな車があるときに載せて捨てに行きました。近所の方も、最近聞いた話ですが、80代と70代のご夫婦がいらない家財を車に乗せて捨てにゴミ処理場に行かれたと聞きました。お金はかからなかったそうです。実家の残っている家財で使わない壊れたものは、少しずつ何回かに分けて自宅の軽車の後ろを倒して載せて捨てに行ってもいいかなと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク