大型の食器棚に苦戦する

これまで3回の引越し経験がありますが、最初の時には食器棚を持っていました。その食器棚は購入したときには自宅で組み立てたのですが、家具移動にも神戸で頼めるのはここでもなにかと引越しの時になかなか自分では崩すことが出来なかったのです。そして引っ越しの時、次の引越し先の間取りに合わないし、処分をすることに決めました。しかし困ったのは、その処分方法。粗大ごみとして出すにはとても大きく、乗せる車もありません。そしてリサイクルに出すといっても、子供の落書きなどもあるのできれいな品物とはいえません。そのためリサイクルに出すこともできませんでした。困って頼んだのは、不用品回収の業者です。その他の不用品も回収してもらえるからです。自宅に取りに来てもらいましたが、なんとその業者はその食器棚を解体して持っていくではないですか。こうやれば解体できたんだとちょっと感心しましたね。またその方法を知っていれば、私たちも処分できたかもしれないとちょっと後悔もしました。しかし不用品回収の手際の良さ、そしてその作業の正確さにはびっくりしたと同時に、やっぱり頼んでよかったかもしれないという安心感がありました。やはり不用品回収のプロ。そのため大型なものでも全く問題なく次も頼みたいとおもいました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク